診療のご案内
一般歯科
虫歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。その治療の多くが、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科とも言います。
健康な歯を守るために大切なのは定期的に歯の検診に通う習慣を身につけることです。当院では、歯の汚れや歯石除去や歯の磨き方の指導はもちろん、その他にもフッ素塗布、歯ブラシの選び方の指導も行い歯の健康の維持に努めています。

むし歯の進行について

  C 0 ごく初期の虫歯

歯に穴が開く前の初期の虫歯です。歯の中のミネラルが溶け出して歯の表面がスカスカの状態になっています。フッ素塗布に加えてミネラルを補う薬用ペーストを併用し再石灰化を促進させる処置を行っています。歯を削らずに済む早期のこの時期に対処してあげるといいですね。

  C 1 エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質だけに穴が開いた状態の虫歯で痛みはありません。定期検診でチェックしていればこの状態で見つけて治療することができます。

  C 2 象牙質の虫歯

エナメル質を突き破って、象牙質に達した虫歯です。強い痛みはありませんが、象牙質には感覚があるので冷たいものや甘いものがしみるようになります。

  C 3 神経に達した虫歯

虫歯が歯髄に達しひどく痛みます。ある日突然耐えられないほどの痛みに襲われ慌てて歯医者に駆け込む方に多い状態です。

  C 4 歯根まで達した虫歯

歯冠が崩壊し歯髄が壊死したことにより、逆に痛みが軽減したりしますが治ってはいません。根の先端に膿をもつことがあります。歯を抜かなくてはならなくなる前に受診しましょう。

 

虫歯の治療

つめる治療

被せる治療

補う治療

つめる治療
被せる治療
補う治療
虫歯が小さい場合は、歯を削った部分にプラスチックや金属の詰め物をします。
つめものでかぶせきれない場合は歯全体をおおいかぶせていきます。
歯を抜いた場合の治療には、状態によって固定性のブリッジや、取り外しのできる入れ歯、また、歯根のかわりになる金属を骨の中に埋め込むインプラント治療があります。

 

※見た目を美しくしたい場合は、ジルコニアやセラミックなどを使用します。変色の心配がなく強度もあるので長年安心してお使いいただけます。

予防歯科
予防歯科の目的は、お口の健康を生涯維持し、美しくあること。
毎日きちんと歯磨きをしていても、セルフケアで完全にプラークをなくすことは不可能で、また歯石やバイオフィルムはハブラシでは落とせません。毎日の正しいブラッシングと、歯科医院での定期的なプロケアとの2つで、あなたのお口の健康を守り維持することができるのです。歯はからだの健康と密接に関わっていて、歯と歯肉の健康が、若さを保つ秘訣であり、認知や寝たきりを予防します。
まずはお口から健康作りをしていきましょう。

小児歯科

お子様の治療で大切なこと、それは「恐怖心を与えないこと」です。すぐに治療が難しい時には、衛生士さんと一緒に歯ブラシの練習をしたり、歯医者さんの道具や機械を使ってトレーニングするところから始めます。お子様が歯医者さんで上手に治療が受けられるようになるためには、保護者様のご協力も必要不可欠です。ご家庭でもお子様を励まし、ささえていただき、クリニックとの二人三脚で治療に取り組んでまいります。
「一生自分の歯で食べること」は、この時期からの積み重ねになるのです。
ホワイトニング
ホワイトニングを行なうと、薬剤の作用によって、ご自分の歯を削ることなく、痛みもなく、しかも手軽に自然で健康的な白さを手に入れることが出来ます。
歯の着色は、先天性のもの、薬物、損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因でおこります。過酸化物による歯の漂白は歯に内在する有機成分を分解漂白して歯の構造や歯質を変えずに安全に歯を白くします。
義歯(入れ歯)
「部分入れ歯から総入れ歯への処置」、「入れ歯をつくることに不安を感じておられる方」、「現在ご使用中のモノが合わずにお困りの方」などに対して、お一人おひとりのお口や身体の状態に1番合った入れ歯をご提案致します。食生活のみならず、全身の健康を取り戻し、豊かな生活の手助けとなることを目標に部分・総入れ歯の治療・製作を全力でサポートいたします。
当院では金属のフックを使わなくても安定する目立たない入れ歯も取り扱っております。
※入れ歯も保険適応のものと、保険外のものがあります。それぞれに特徴があり、費用、機能性などの面でも異なりますのでご相談の上よくご検討ください。
歯科用品

 

  • スマイルデンチャー